北から南へ 2
今回の旅はとにかく、魂の慰安旅行というか
この2年ほどニセコに籠って自分と向き合う時間を
過ごしてきたことへのご褒美の旅という感じでした。

何年も自分の仕事でいっぱいいっぱいで「遊ぶ」ことをしてこなかった私。
マヤの13の月の暦によると私は「青い自己存在の猿」でこれは
「遊び」がテーマらしく。。。
本来は冒険的なアドベンチャーが好きなはずなのにずっとそれを
自身に許してこなかったのです。


ベサニーさんのBlog
シーカヤックのお話が出て、そういえば数年前からカヌーや
シーカヤックをしたい〜!と自分で言っていたな、ってことを思い出し、
そんなことを友人に話したら差し出されたのがある雑誌に載っていたのが
阿嘉島でのシーカヤックRyoさんの記事でした。

c0028001_7265216.jpg


沖縄のマリンブルーの海をの〜んびりとカヤックでぷかぷかとしたい、と
の思いで阿嘉島へ。

水面に近い目線でいると、小さなカヤックには小さな波もすごく大きく見えて
波の上を漕いでいると遠い昔にアイヌと琉球の人たちが小さな船で
行き来していた頃に想いを馳せてみたり。。。
もしかしたら私も昔々にそんな旅をしていたんだろうかと。。。


そして今回、島に着いて初日の午後、偶然愛部屋になった女性と
ビーチにでも行ってみようかということになり、カヤックショップのスタッフの
泳げる範囲にも魚がたくさんいるのでシュノーケリングでもしてみたら?との
提案に。。。。

私は浮ける程度にしか泳げない上に、何か「呼吸が出来なくなる」ということに
すごく恐怖があって、絶対足が着かないような深い所へは行けないのでした。

コンタクトレンズだからとか、なんとか理由を付けて断ろうとしたら
あっさり大丈夫ですよ、と、ライフジャケットもあるのでお貸ししますと
にっこりのご提案を恐る恐る受け入れ2人でビーチへ。

c0028001_7425319.jpg



北海道では考えられないような美しいマリンブルーの海に2人で感激しながらも
いざ海へということになって身支度をしていると一緒の女性も
ちょっと怖いと言うので私も安心して、2人で怖いねーと言いながら
海へ入ってみました。

深呼吸しながらゆっくりとこころを落ち着けて。。。。
「あ〜、大丈夫。」怖々ながらだけどゆっくり呼吸をしながら
泳いで行くと突然目の前に珊瑚とシマシマの魚が現れて
しかも人間を怖がらずに、逆に寄って来て一緒に泳いでくれたりして。。。

一人海の中できゃーきゃー言いながら、魚達においでおいで!などと
話しかけながら子供に帰りました^^;


c0028001_7495064.jpg


どんどん夢中になって泳いでいるうちに足も届かないような
深い場所へ出てしまったり、途中で疲れて足がつってしまったりも
しましたが、その度に、ゆっくり深呼吸しながら(ライフジャケットもつけて
いることだし^^;)恐れを手放しながら。。。。

そうして何度もやってくる恐れを手放し、海や魚達に心をひらいてみると、自分も
海の一部になり、魚になり、自然の一部になり。。。

こころをひらくと、こんなにもわたしたちは自然やまわりの
生き物達と繋がり、生かされ、愛されていることを感じることが出来る。

犯罪や戦争や搾取や自然破壊や、この地球にはまだまだ課題がいっぱい
あるけど、みんなこの海に潜ってみたらいいのに。

こんなに身近に、自然やたくさんのいのちがあたりまえのように
存在していて、この繋がりを心から感じることができたら誰も誰かを、
自然や他の生き物達と傷つけようなんて思えないはず。

自然の癒しのパワーに深くインパクトを与えていただき、
また自然の中での遊びを通じて自分自身を解放して行くこと、
「遊び」の中にも実はたくさんの学びがあることも教えていただいた
旅でした。

おまけに、偶然一緒の部屋になって一緒に海で遊んだ女性が
後で話してみると、すぐ近くに村に滞在したことがあって
お互いの友人同士が友人だったり。。。
北海道から遠い沖縄の地でローカルな繋がりがわかって
天使さんの小粋なプレゼントに驚いたり。

沖縄の癒しのエネルギーに触れる旅、くせになりそうです^^

c0028001_88408.jpg

[PR]
by manihouju | 2005-07-05 08:09 | 自然
<< よろこびは力 北から、南へ >>