聖なる喜びを放つ
12日〜友人が遊びにきてくれて昨日元気に旅立って行きました。

友人はスウェーデンの方と結婚してスウェーデンに住み、かれこれ10年
遺伝子組み換えに反対して世界中を飛び回りながら活動している。
時にはグリーンピースなどと組むこともあるけど、基本は個人で。

それで、アメリカの某農薬会社が地球を汚染するような遺伝子組み換えの
種をどんどん作っていて、今や大豆や菜種、コーンだけでなく、木やコットン、
家畜もそうだけどあらゆるところに遺伝子操作、経済的コントロールを
しようとしているという恐ろしい話を聞いた。

時を同じくしてall world harmonyのharmonyさんからエンジェルエリクサーというフラワーエッセンスを譲っていただくことになってメールでお話をさせていただいていた。

何種類かのお花のエッセンスの中で私が気になったのはピンクのハイビスカス。
テーマは「聖なる喜びを放つ」というもの。

友人がやっている活動は日本だけでなく、アメリカの大企業にたてつくような
もので、いつ口封じにあってもおかしくないようなことなんだそうだ。
本人も「活動家」って言葉は自分には合わないのよね〜、というくらい
友人は活動家らしからぬ、おおらかで暖かい日本の昔のお母さんという
雰囲気。

誰かにお給料をもらう訳でもなく、あちこち飛び回って、人に会って
細かなことを丁寧に調査して、そんな活動を10年も続けて来れたのは
やはり、人や植物や地球の命に対する慈しみ、愛なんだよね〜と
お話ししてくれました。

戦争や自然破壊や飢餓や命を脅かすもの、ネガティブなエネルギーは
地球上の至る所にはびこっていて、人も自然も生命の全てをコントロール
しようとしています。

しかし、そういったものに対抗できるものって、一人一人の
ハートの深い所から沸き上がってくる「想い」「聖なる喜び」
しかないよね、って改めて想いました。

人を突き動かす想い。エネルギー。
以前、「人の心の深い所に在る神聖な領域は誰であっても
侵すことは出来ない」と教えられたことがあります。

どんなネガティブなエネルギーも一人一人の神聖な領域から
沸き上がる想い、喜びを変えることは出来ません。

自分の聖なる喜びを見つめ、想いをみつめ
そしてそれをこの世に、地球に解き放っていく。

今の大きなテーマのような気がします。







c0028001_1032029.jpg

[PR]
# by manihouju | 2005-07-15 10:03 | 創造
友、遠方より。。。
c0028001_8313085.jpg


今日から3日間友人が遊びにきます。
一緒に温泉に行ったり、夜中まで
おしゃべりしたり。。。

ネット環境もかなりスローになると思いますので
よろしくおお願いします〜^^
[PR]
# by manihouju | 2005-07-12 08:38
ミュージックバトン
oryzias cafeのshuxaku
さんから
ミュージックバトン
をパスしていただきました。

しかし、このバトン、6/23に渡されていたのに
全然気づいてなくてかなりボケてます。^^;
ごめんなさい<(_ _)>

ずいぶん時間が経ってしまったけどとりあえず
行ってみます〜!

○コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

んー、どれくらいでしょ?PCで音楽を聴くことが
めったにないのでちょっとわからないんですが。。。


○今聞いている曲

c0028001_18161571.jpg
 友人の OKIの新しいCD「Tonkori」です。
 湘南育ちのアイヌ民族で樺太アイヌの伝統弦楽器、トンコリを自ら製作、演奏しています。このCDはトンコリのみで作ったもの。繰り返しのメロディがなんとも心地よいのです♪




○最後に買ったCD

c0028001_18182616.jpg

 前にもここで紹介したアーティストの みほちゃんのCD、「ふたつの小鳥/柳瀬美保」です。
北海道在住の素敵なミュージシャンが勢揃いしてて
みほちゃんワールドがいい感じです。







○よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

 ☆喜納昌吉「花」 沖縄世界へ運んでくれた曲でもあり、詩も大好きな曲です。
  カラオケでも歌います♪

 ☆Lenny Cravitz 「I build this garden for us」デビューしたての頃、好きでした♪
  今でもこの曲が一番好き。ニセコに引っ越して野菜を植えたり、花やハーブを
  植えたり。目指す所はこの詩のメッセージだったんだ〜とある日気づきました。

 ☆OKI 「utuwas karap(ウトゥワスカラプ)
  今は亡くなられてしまった静内のアイヌの葛野辰次郎エカシ(長老)が
  書かれた詩にOKIが曲をつけたもの。
  「カムイ(神)が作った人間たちならば、ウレシパモシリ(互いに育みあう大地)
  において、これから先、憎しみ会うことなく、お互いに理解しあうように
  私は待ち望みます」というメッセージ。

 ☆Bob Markey 「One Love」
  そのまんまです^^

 ☆SLAVA 「ave maria」
  永遠のスタンダードというか、心が静かになりたい夜に聴きます♪ 

○バトンを渡す5人

 え〜っと、5人というのが難しいんですが、どなたか立候補してくださると
 うれしいなあ。。。

  みなさんお忙しそうなんで恐縮ですが、後で気が向いたらお願いに
 伺うかもしれません。。。。^^;
 
[PR]
# by manihouju | 2005-07-09 19:05
癒しの庭
2日ぶりに雨も上がり、
今日は青空。
太陽が気持ちいい一日

ひさしぶりにのんびりと庭に出てみると
草だらけの片隅でついこのあいだまで
つぼみだったバラが咲いていたり
空に向かってぐんぐん伸びている花や草に
エネルギーをいただいています。

ちょこっとだけお裾分け^^

c0028001_21101339.jpg
c0028001_21103810.jpg


c0028001_21112951.jpg
c0028001_21115916.jpg


伸び放題の草の陰に大きなイチゴも赤くなっていました。
太陽と大地の恵みにありがとう♪


c0028001_21132060.jpg


いただきます〜
[PR]
# by manihouju | 2005-07-08 21:13 | 自然
       ホワイトムスクマロウ



c0028001_18181053.jpg




          雨にうたれて

                風にふかれて

                    あなたはあなたの花になる
[PR]
# by manihouju | 2005-07-07 18:20 | 自然
よろこびは力
c0028001_773047.jpg


               よろこびは祈り
               よろこびは愛
               よろこびは力

               マザーテレサ



          ちいさなことに愛と喜びを与えてあげると
          それは大きな力になる
         
          わたしのこころが喜ぶことに愛を注ぎ
          行って行くこと。 
          それが大事。
        
[PR]
# by manihouju | 2005-07-06 07:19 | スピリチュアル
北から南へ 2
今回の旅はとにかく、魂の慰安旅行というか
この2年ほどニセコに籠って自分と向き合う時間を
過ごしてきたことへのご褒美の旅という感じでした。

何年も自分の仕事でいっぱいいっぱいで「遊ぶ」ことをしてこなかった私。
マヤの13の月の暦によると私は「青い自己存在の猿」でこれは
「遊び」がテーマらしく。。。
本来は冒険的なアドベンチャーが好きなはずなのにずっとそれを
自身に許してこなかったのです。


ベサニーさんのBlog
シーカヤックのお話が出て、そういえば数年前からカヌーや
シーカヤックをしたい〜!と自分で言っていたな、ってことを思い出し、
そんなことを友人に話したら差し出されたのがある雑誌に載っていたのが
阿嘉島でのシーカヤックRyoさんの記事でした。

c0028001_7265216.jpg


沖縄のマリンブルーの海をの〜んびりとカヤックでぷかぷかとしたい、と
の思いで阿嘉島へ。

水面に近い目線でいると、小さなカヤックには小さな波もすごく大きく見えて
波の上を漕いでいると遠い昔にアイヌと琉球の人たちが小さな船で
行き来していた頃に想いを馳せてみたり。。。
もしかしたら私も昔々にそんな旅をしていたんだろうかと。。。


そして今回、島に着いて初日の午後、偶然愛部屋になった女性と
ビーチにでも行ってみようかということになり、カヤックショップのスタッフの
泳げる範囲にも魚がたくさんいるのでシュノーケリングでもしてみたら?との
提案に。。。。

私は浮ける程度にしか泳げない上に、何か「呼吸が出来なくなる」ということに
すごく恐怖があって、絶対足が着かないような深い所へは行けないのでした。

コンタクトレンズだからとか、なんとか理由を付けて断ろうとしたら
あっさり大丈夫ですよ、と、ライフジャケットもあるのでお貸ししますと
にっこりのご提案を恐る恐る受け入れ2人でビーチへ。

c0028001_7425319.jpg



北海道では考えられないような美しいマリンブルーの海に2人で感激しながらも
いざ海へということになって身支度をしていると一緒の女性も
ちょっと怖いと言うので私も安心して、2人で怖いねーと言いながら
海へ入ってみました。

深呼吸しながらゆっくりとこころを落ち着けて。。。。
「あ〜、大丈夫。」怖々ながらだけどゆっくり呼吸をしながら
泳いで行くと突然目の前に珊瑚とシマシマの魚が現れて
しかも人間を怖がらずに、逆に寄って来て一緒に泳いでくれたりして。。。

一人海の中できゃーきゃー言いながら、魚達においでおいで!などと
話しかけながら子供に帰りました^^;


c0028001_7495064.jpg


どんどん夢中になって泳いでいるうちに足も届かないような
深い場所へ出てしまったり、途中で疲れて足がつってしまったりも
しましたが、その度に、ゆっくり深呼吸しながら(ライフジャケットもつけて
いることだし^^;)恐れを手放しながら。。。。

そうして何度もやってくる恐れを手放し、海や魚達に心をひらいてみると、自分も
海の一部になり、魚になり、自然の一部になり。。。

こころをひらくと、こんなにもわたしたちは自然やまわりの
生き物達と繋がり、生かされ、愛されていることを感じることが出来る。

犯罪や戦争や搾取や自然破壊や、この地球にはまだまだ課題がいっぱい
あるけど、みんなこの海に潜ってみたらいいのに。

こんなに身近に、自然やたくさんのいのちがあたりまえのように
存在していて、この繋がりを心から感じることができたら誰も誰かを、
自然や他の生き物達と傷つけようなんて思えないはず。

自然の癒しのパワーに深くインパクトを与えていただき、
また自然の中での遊びを通じて自分自身を解放して行くこと、
「遊び」の中にも実はたくさんの学びがあることも教えていただいた
旅でした。

おまけに、偶然一緒の部屋になって一緒に海で遊んだ女性が
後で話してみると、すぐ近くに村に滞在したことがあって
お互いの友人同士が友人だったり。。。
北海道から遠い沖縄の地でローカルな繋がりがわかって
天使さんの小粋なプレゼントに驚いたり。

沖縄の癒しのエネルギーに触れる旅、くせになりそうです^^

c0028001_88408.jpg

[PR]
# by manihouju | 2005-07-05 08:09 | 自然
北から、南へ
行ってきました、沖縄へ。
私が本格的に沖縄と出会ったのは東京で働いていた頃。
かれこれ15.6年前のこと。

会社でかかっていたFMから流れてきた
喜納昌吉の「花」。

優しいメロディーがこころに深く染み込んできて、
遠い記憶を思い出すようななにかとても懐かしい感じがして
会社の帰りにそのままCDショップに直行しました。

それから沖縄民謡を聴いたりライブに行ったり
沖縄料理のレストランへ通ったりと沖縄フリークに
なったもののなかなか沖縄への上陸は実現せずに
あっというまに15、6年が過ぎてしまったのです。

沖縄には並々成らない思い入れがあって、
それは昔々、遠い昔に沖縄に住んでいたことがあるから、
勝手にそう思っていますが、島唄や沖縄の文化
海、それらには魂を呼び覚ますようなものがありました。

c0028001_14264072.jpg


今回、初めて、ようやく沖縄行きが実現して
やはりというかくすぶっていた火に油をさしてしまった
感じですが^^;それもまた必然なんだろうと思います。

離島へ向かうフェリーの上で、太陽と海の平和で穏やかな
温かなエネルギーを感じながらも、頭の上を轟音とともに
飛んで行く米軍の飛行機が。

「この穏やかで平和な島になぜ軍隊があるのか?
人と人との関わりの中に在る人を疑う気持ち、恐怖,
心の内をもっと深く見つめて、そして本当に大切に思うことを
ちゃんと伝えて行くこと」

そんなことを深く感じました。




c0028001_1430360.jpg

[PR]
# by manihouju | 2005-07-01 14:30 | 自然
不在のお知らせ^^
c0028001_19143847.jpg


明日26日〜30日夜まで留守にします〜。
少し早めの夏休みしてきます〜。

にゃんこたちが留守番してますので(?)
よろしくお願いします<(_ _)>
[PR]
# by manihouju | 2005-06-25 19:16 | 日常
music ! Live!


23日、友人でもあるアイヌのアーティスト、OKIのライブが
ニセコでありました。

7年くらい前からライブの主催などで関わってましたが
今回はニセコの若い人に道を譲って、陰からこっそりと
応援してました。

今回はニセコが初日にあたるので前々日からニセコに入って
ロッジを借りてみっちりリハーサル。

さすがにライブが近くなってくると陰から。。。とはいかず
ウエルカムパーティーやら宣伝やら何かと動き回り、
この3日程みっちりと関わってきました。

いつもながら準備の苦労と言うかエネルギーは計り知れないものが
ありますが、ライヴが始まってしまえば、ミュージシャンの生みだす音と
お客さんとのエネルギーが絡み合って、お互いのエネルギーを引き出して行く
様子は心地よく、またスタッフとして関わっていた私にもエネルギーを
与えてくれました。

ライブは形がないからこそ、その場その場に居合わせた人の精神状態や
気というものと深く関わりがありますよね。

どんなものであれ創造の瞬間というのは宇宙からの愛の形なのかもしれないなと
思いました^^




c0028001_12523055.jpg


トンコリツアーはこの後、今日は旭川、そして札幌、斜里、十勝と
続きます。
お近くの方はぜひ参加してみてください!
詳細は:OKI  Web site

[PR]
# by manihouju | 2005-06-25 13:06 | 創造