<   2005年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
祈りを生きる
all world harmonyさんの現実の沖縄と癒しから。。。。

何度も何度も変化の波が訪れる度に、いつもあれこれ宣言ばかり
してきた気がしますが。。。。

ずっとBlogを引っ越ししたいなあと思って来たのですが
このたび思い切ってこのBlogも卒業することにしました。

元々ここは昨年の11月にチャネルが始まった時に
その内容を自分のために記録していこうと言うものでした。

その頃は本当に毎日瞬間瞬間に自分自身の内面や陰の部分と
向き合わされ苦行と言うか精神的もキツイ日々でした。

そんな中でこのBlogの中で同じ時期にチャネルされていた方が
多く、みなさんのメッセージや同じようにご自身と向き合われている
方たちに勇気をもらったり、励ましていただいたりしたものです。

春が近づいて来た頃、それに慣れて来た頃に、自分の中でも
チャネルをしてどうするのか?そんな壁にぶつかりました。

チャネルをするきっかけにもなった尊敬するチャネラーさんは
「チャネルは一生勉強」と言われています。
どんなにすばらしいメッセージを受け取ってもそれを日常に
生かすことが出来なければ意味もなく、また自分の日々の生活の中で
自分の人生のリーダーシップをとっていくのは自分であって
神様でも天使でもなく。。。。
あくまでも選択するのは自分自身なんだという気づきもありました。

チャネルもスピリチュアルも何も特別なことではなく、日々
目の前にいる人たちや出来事に何を感じ、どう行動し、そして感謝できること、
生活の様々な仕事や人との関わりの中での自分自身の行動そのものが
祈りであり、瞑想なんだと気づきました。

harmonyさんの記事の中でharmonyさんが訴えていることは
現実世界の中で日々、葛藤している沖縄の人たちの心の叫び
をharmonyさんが代弁してくれているものなんだと思います。

harmonyさんの声、メロさんがコメントの中で伝えてくれたこと、
そしてここ数日のみなさんの平和を願う想い。。。

どんなに素晴らしい理想論より、実体験を通して語られた言葉以上に
人の心にダイレクトに響くものはなく、私はどれだけ現実世界の中で
そんな数々のメッセージに学び、行動して来たかと問うとあまりに
ギャップがありすぎました。
もう少し現実の中で地に足つけて生きて行かないと。。。^^;

Blogを通じて日常生活の中では触れ合えない方々にたくさんの
メッセージをいただきました。
励ましてもらい、またパワーを分けていただきました。
ありがとうございます<(_ _)>

もう少しの間、ここは置いておくかもしれませんが
ふっとある日全て消してしまうかもしれません。(消せるのかな??)

明日から数日程実家に里帰りする予定なのでお一人お一人に
ご挨拶できなくてごめんなさい。
またふら〜っと遊びに伺うこともあると思いますので
その時はよろしくお願いします<(_ _)>

ひとりひとりのこころが平和でありますように。。。。
ひとりひとりのいのちがいつも輝いていますように。。。。




c0028001_23403431.jpg

[PR]
by manihouju | 2005-08-07 23:41 | 気づき
平和への想い
c0028001_23261714.jpg


今朝はいつもより少し早く起きて、Ave Mariahをかけながら
ゆっくりとストレッチをし、その後少し瞑想をしました。。。。
平和への祈りの前に自分のセンターと繋がっていたかったからです。

8時過ぎに滅多につけないテレビのスイッチをいれ、
NHKの広島からの中継のメッセージ耳をすましていました。

被爆された方や市長さんの平和への想いに胸を打たれ、
うるうるしながら、8時15分。
庭のウィンドウチャイムを鳴らし、そのまま庭で平和を
一人一人の心の平和を祈りました。。。。

そして午後からペンションのお手伝いへ。
キッチンのCDプレイヤーから森山良子さんの
さとうきび畑の歌が流れ。。。。

数年前に見たさんまさんが主演していた沖縄戦のドラマが
フラッシュバックし。。。

昨年自分でヒプノをやっていた時に第一次世界対戦頃の
街のシーンが出てきました。

私は兵士でした。戦争が終わり、私は罪も無い人たちを
殺して来たことにとても傷ついてその後の人生を送っていました。

「もうこれ以上誰も傷つけたくない。そして二度と誰かに同じように
誰かを傷つけて欲しくない。。。」

そんな想いが沸き上がって来て涙が止まりませんでした。

沖縄の少女だった頃、どこかの国の聖職者だった頃、
たくさんの人生で戦争や宗教がらみの諍いで傷ついてきました。

戦後60年。
子供の頃、戦争体験の話を聞かせてくれた両親に感謝です。

平和へのメッセージを届けてくださったみなさまにも
ありがとうございます。

私に取ってはこれからが始まりなのかもしれません。
諦めずに祈り続けたいと思います。

具体的にできることを少しずつ現実に行動して行きたいと
思います。

多くの方々が同じように平和を祈る姿がひとつに繋がった
ように感じました。

平和がひとりひとりのこころに訪れますように。。。。
[PR]
by manihouju | 2005-08-07 00:10 | メッセージ
平和の白いハト

NO MORE ヒロシマ・ナガサキ Stop 六ヶ所再処理工場


先日の記事でメッセージを、と
呼びかけていたグリーンピースの平和の白い鳩が
今朝、広島の空に舞いました。。。。

エコ素材で作られた平和のメッセージの羽をまとった
白い鳩さんたち。

どうか空の上の戦没者のみなさんにも平和のメッセージが
届いていますように。

スライドはこちらから

スライドの中の写真と、そして表紙に写っている写真
不思議な光が写っています^^

明日は朝、8時15分に庭のウインドウチャイムを鳴らして祈りたいと
思います。。。。
[PR]
by manihouju | 2005-08-05 23:28 | メッセージ
無条件の愛

この数日、またまた強力な浄化エネルギーの波が来ている感じで
軽い不眠や貧血もあって夢の中にいるようなふわふわした
感覚を味わっています。

1年以上も友人の所へ旅をしていた「無条件の愛」も
帰ってきたことだし、とゆっくりと言葉を心で
反芻しながら読んでいます。

今までもずっと取り組んでいたけど、今しっかりと 見つめる必要があること。。
「自分自身を無条件に完全に愛する」ことが
テーマみたいですね。。。。

子供の頃には超がつくくらいの人見知りで。。。
小学生の頃、仲間はずれになったり、二十歳くらいの頃、
バイト先でいじめにあったり。。。

自分に対する「無価値観」とは随分向き合って手放して来たつもりですが
周りの負のエネルギーに、無意識に反応してしまうことがあり。。。
それはまた自分を映し出す鏡でしかなく。。。


 「無条件の愛の経験は、ほかの誰からでもなく、あなたのハートの中で
始まります。自分を愛する能力に、もし誰かが自分を愛してくれたらと
いうような条件をつけないでください。愛を取り巻くもろもろの条件や
愛がどう現れるのかの形に信頼を置かないでください。
まことの愛は変わることがありません......この永遠かつ、偏在する
形なき愛の源はあなたの内側に存在します......」無条件の愛より


周囲がどのような反応を示そうと、自分自身の存在価値とは
関わりはなく、また、親も友人も男性であれ女性であれ、誰もが子供の頃から
条件付きの愛を教えられ、刷り込まれ、その中で葛藤しているのですよね。。。

意見や考え方が相容れないこともあるでしょう。
自分が期待する反応が返ってこないこともあるでしょう。

しかし自分を無条件に受け入れ、愛することができれば
人の反応に振り回されることもなく、また周りの状況に
対しても愛と信頼をもって見守ることができるでしょう。


この地球上に、愛や平和を望むとき、すべてのはじまり、
世界のはじまりはいつも自分のハートですよね。

人に愛されたかったら、まず自分を愛すること。
そして自分から愛すること。
平和を望むなら、まず自分自身のこころが平和であること。

社会に対して責任を持つということは、自分の
感情や思考、意識に対しても責任を持たなくては
できないこと。

この地球上のどこにたっていても、地球の軸とは
ひとりひとりの自分自身のハートです。
そこから世界が広がっていると。。。

ちょうど昨日、all world harmonyさんからエンジェルエリクサーの「聖なる喜びを放つ」というテーマの
ボトルが届きました。

ヒロシマ、ナガサキの原爆記念日を前にして
もういちどこころを平和に、無条件に愛を感じそして
祈りたい思います。



c0028001_1040280.jpg

[PR]
by manihouju | 2005-08-04 10:43 | スピリチュアル
Hiroshima 60th「平和の羽根」プロジェクト


NO MORE ヒロシマ・ナガサキ Stop 六ヶ所再処理工場


今日から8月。
あと数日で広島に核爆弾が落とされた日から60年がたとうとしています。

イラクでは戦争がまだ続いています。先日ロンドンではテロで多くの方が
亡くなりました。

遺伝子組み換えの活動でグリーンピースに参加していた友人から
こんなメッセージが届きました。


「広島と長崎が被爆60年目を迎える今年、青森県六ヶ所村にある再処理工場で、
原 子爆弾にも使われたプルトニウムをとりだす計画が進められています。
プルトニ ウムは長崎型の原子爆弾に使われた、巨大な破壊力を持つ物質です。
この工場は 核兵器を持たない国(非核兵器国)で初めて、一年で核兵器を
1,000発分にも相 当するプルトニウムを取り出す予定です」


Hiroshima 60th「平和の羽根」プロジェクト
5ヶ国語で始まりました!
広島へ、世界中からメッセージが寄せられています


グリーンピースでは現在、世界各地の支部から呼びかけて、平和のメッセージを
募っています! 既に5800通のメッセージが届けられ、毎日続々とグリーンピー
ス・ジャパンの
ウェブサイトにて公開されています。


世界から寄せられたメッセージは、広島へ原爆が投下されてから60周年を迎える
前日の8月5日午前8時、広島の原爆ドーム前で鳩バルーンの翼にのって、空へ向
かってあげられる予定です。

いま、再処理を止めよう、という声が大きくなれば、
プルトニウムも核兵器もない、平和な世界の実現へ大きな一歩を踏み出すことが
できます。

このプロジェクトへ寄せられたメッセージは、広島で鳩の翼となるだけでなく、
核の恐ろしさのない平和な世界を願う声として、小泉首相と青森県知事へも届け
られます。

133カ国の世界各地からメッセージが続々と寄せられる中、日本からは300通をよ
うやく越えました。核のない日本を作っていくためにも、さらに多くの方のご参
加を心からお待ちしております。

ご友人にこのプロジェクトのお知らせを簡単に送れるような仕組みを作りました。
日本語だけでなく、英語、スペイン語、ドイツ語でも送ることが可能です。

メッセージ受付締め切りは8月2日正午までとなっています。締め切りがせ
まっていて恐縮ですが、ぜひ、ご協力をよろしくお願いいたします。


★8月5、6日は広島へ

今年は核のない平和の実現を祈るため、世界各地のグリーンピースの活動家が広
島に集まります。

世界中から集められた平和の羽根を付けた鳩バルーンが空高くあがるところを、
ぜひ見に来てください。原爆ドーム前で鳩バルーンのアピール行動を行った後、
各国のグリーンピースのスタッフ、オランダからの少年少女と一緒に平和記念
公園へとパレードし、慰霊碑に礼拝を行います。どなたでもご参列いただけま
すので、原爆ドーム前へとお集まりください。

《 鳩バルーン アピール行動 》
日時:8月5日(金) 朝8時から
場所:原爆ドーム前(広島市)

詳しくはグリーンピース・ジャパンの Web サイトをご覧ください。


---------------------------------------------------------------------------


メッセージやバルーンが空に放たれるのではゴミになるのではないかと
気になって、友人に問い合わせてみたら、友人経由でグリーンピースの方から
お返事をいただき、ゴミにならない自然分解されるバルーン素材を使い、
ひもをつけて係留された後で降ろされ、青森県知事や小泉首相に届けられるのだそうです。

明日が締め切りとなっています。
[PR]
by manihouju | 2005-08-01 21:03 | メッセージ