天使からの 平和へのメッセージリレー
もう3日も前になりますが

cocoroさんのBlog 光りへの扉さんからマヤ暦新年に素敵なメッセージが届きました^^


天使からのメッセージリレー

「闇が明け朝日が昇るとき、新しい光は現れまた新しい一年が始まる。
100人の意識が同じことを祈る時、その願いは叶うと言われる。
どんな人の心にももみんなの心の内に真の平和を祈る思いが
一瞬でも浮かんだ時”平和の扉”は開かれます。」

このメッセージをシェアしたいあなたの愛する友へ届けて下さい。
またここで光は繋がり、”平和の扉”を開く鍵を我々は授かるでしょう。
一滴の血も流さずに・・・。

cocoro☆、。・:*:・゜‘★

そのメッセージはベサニーさんの
Blog、「ふっとたちどまって」
に届けられ、そこからまた

しおんさんのBlog andel's ladderさんへ。

しおんさんの
天使のメッセージには新たに素敵なメッセージが。。。

「広島と長崎の原爆の投下の時刻に札幌市内の教会や寺院の鐘を一斉にならすという活動をしているボランティアグループのことが載っていました。
グループの名前は「平和の鐘」メンバーはたった9人です。

いままでも、それぞれの教会やお寺独自ではやっていたのですけど、連携は出来ていなかったんです。その独自の活動を聞いて、まとめて一斉に鐘を鳴らすという活動に持っていったのは、広島に行った事によって触発された方でした。」

その9人の方はみな10代〜30代前半の若い人たちなのだそうです。

しおんさんのこのメッセージに映画、ロードオブザリングの中の台詞を
思い出しました。
「本当に世界を変えていく力をもつのは あなたたち小さな人たちなのよ」
確かそんな言葉だったと思います。(見てない方ごめんなさい^^;)

DVDを見ながら、この言葉が大きく私の心に響きました。

マヤ暦の年末年始、先週末からニセコのお店の仲間達と
地元のホテルの中庭で開かれている夏祭り(ビアガーデン)に
出店しています。

しかし、ビアガーデンでそこそこいい値段の手作りものを
お客さんがちゃんと見てくれるのは難しいもので
何か場違いな感もあり、毎日非常に疲れてしまい、
だんだんこころの片隅にはネガティブな感情も湧き起こり。。。。

一日ゆっくり休んでこころに問いかけていました。
私はどんな場所でどんな人たちと過ごしたいのだろう?と。

小学校の先生をしていた父の影響で子供の頃から
「戦争はいけないよ」と教えられ、はだしのゲンや
戦争にまつわる絵本を与えられて育ちました。

花や庭木の好きな両親のお陰で狭い教員住宅は
いつも花に占拠され、子供時代はそれが嫌だったんです^^;
しかし大人になって東京に暮らし、仕事をしているうちに
心も身体も疲れ、限界近くまでなった時に私を癒してくれたのは
田舎の自然や庭の植物でした。

今生、過去生とたくさんの課題を抱え、傷ついた心を
癒すために過ごした時間。その間、今の家の庭の花たちや自然、
友人達やご近所のおばあちゃんたちが
いつもたくさんの愛で守ってくれていました。


ミュージックバトンでも書いたレニークラビッツの
大好きな曲の歌詞、


「この庭に 
この素敵な庭に僕は愛の聖堂を建てる

毎日大地を耕すのさ  
そして太陽の光の下で戯れる

この庭に争いなど無い
人種差別もなくみんな兄弟
どんな肌の色でもここなら心配いらない
僕たちは毎日平和に暮らす

いつか世界のほかの人たちに知らせる日が来ることを祈って
人々が教えを乞う気持ちになるとき
神の御国を来たらせ給え
地上が楽園となるよう
ぼくはこの庭をつくる」


ニセコに来てこの曲をひさしぶりに聞いたとき、
私はこの曲を形にしたかったんだな〜と気づいたのでした。

植物と触れ合い、人と出会い、笑い、泣き、
歌い、踊り、素の、ほんとうの自分に還れる場所。

フィンドホーンのような素敵な庭、場所を創ります^^
本格的に土地探しを始めます♪

自然なままの野菜やハーブや花が咲き、
いつかはニワトリや牛や馬もいたらいいなあ♪

そこでとれた野菜を使ってゆっくりできる
カフェもあって、ゆっくり過ごせるロッジもあってね♪

瞑想したりヨガができるような広いスペースも
作って。。。。

完成するのはいつになるかわからないけど
自分に出来ること、ちいさなところから
少しづつ一歩づつ始めようと思います。

その庭が光の場所、平和の拠点となるように。。。




c0028001_956263.jpg

[PR]
by manihouju | 2005-07-28 09:58 | メッセージ
<< 天使からのメッセージ 2 満月祭 >>